電気契約プランの検討

わが家は電気とガスの併用です。ガスはプロパンガスだし、ガス温水床暖房を使いまくっているのでわが家の光熱費はかなーり高いです。

太陽熱温水器を自分で作って楽しく使っていますが、ガス代全体からみると太陽熱温水器の貢献は微々たるものという感じです(夏場はガスの使用量が激減しますが、基本料とかありますので。。。)

電気は電気で、自作の太陽光発電は、温水器やその他の自分で作ったいろいろのシステムの電力をまかなうために使っているため、電気代の削減にはほとんど貢献していません。

それに、何より、わが家の問題は、PCを何台もサーバー的につけっぱなしにしているためか、PC関係の電力を足し算したらかなりの電気代になっているようです。

こちらに書いたように、家の消費電力をモニターできるようにしてあるのですが、飽きっぽい性格のためか、PCの消費電力を測定したりして消費電力を削減したりすればいいのですが、ただただデータを取るばかりでありました。

ちょっと今検討中のことがあり、今後、さらに電気代が増える可能性がありますので、自作の消費電力モニターでこれまで取ったデータを分析して、電気の契約プラン見直しに役立ててみようと思いました。

2013年1月からこっちの1分ごとのわが家の使用電力のデータが蓄積されていますので、これを分析するプログラムを書いて、各月、各時刻ごとに集計をして、さらにいくつかの電気契約プランに基づいて電気料金を計算してみました。

その結果がこちら。下が、わが家でいつ電気を使っているかを月ごとにグラフにしてみたものです。

朝と夜に電気消費の山がそれぞれありますが、朝の山は冬に高く、夜の山は夏と冬にピークがあることがわかります。また、夏場は昼間の消費電力が結構あります。

これは当然といえば当然ですが、これらの時間帯にエアコンを使っているためと思います。

よく見ると今年度になって夜のピークが早い時間にシフトしている気がしますが、なんでかな。。。

power_3d

この集計結果をもとに、従量電灯B(現契約)、半日お得プラン、ピークシフトプランの3つのプランで電気代がどの程度変わるかを計算してみました(下の計算結果には、燃料費の調整や再生可能エネルギー関係の費用が入っていませんが目安にはなると思います)。

power_nedan

赤色の線が現契約の従量電灯Bで、緑の線が半日お得プラン、青い線がピークシフトプランです。

ピークシフトプランは、夏に電気代がかなり上がってしまう可能性があることがわかります。

これは、従量電灯Bや半日お得プランでは、昼間の電気料金が3段階で上がるようになっているのですが、ピークシフトプランでは、その3段階がないので、電気の消費が大きいと夜間電力の分お得になる場合が出てくるのですが、わが家の場合ではそこまではいかないようです。

というわけで、半日お得プランだとわが家の場合にはおおむねオールシーズン電気代の請求が減る可能性が高いことがわかりました。半日お得プランだと夜間(9時~9時)の電力が半分以下の値段になるので、わが家のように共働きの家庭だとお得の場合が多いかも。

というわけで、さっそく電気契約変更してみようかなと思っています。(とはいえ、せいぜい年間1万円程度の節約にしかならなさそうですが・・・)

これを機会にPC等の電力も見直してみないといけないかなーなどとも思っています。

 

 

UPS電池交換

我が家のストレージサーバー(といってもBuffaloのNAS)はオムロンのUPSにつないであるのですが、ずいぶん前に電池が寿命になっていてUPSになっていませんでした。UPSは、10年近く前に買ったような(気がする)BZ50LTというもの。長寿命電池搭載ということでしたが、5年以上も経っているので電池が寿命でも当然。このたび一念発起してUPSの電池を交換しました。と言っても、純正の電池は高くて買う気がしませんので、似た電池をさがしてきました。
安さ爆発秋月のシールバッテリー 5AHです。
交換はとっても簡単。もともと入っていた電池と端子が合っていてよかった。。。適当にヤマ勘で似た電池を探しただけなので。純正電池は、端子の保護とかいろいろついていますが、そんな小さいことは気にせずつないで立ち上げ。一応、UPSのプラグを抜いて無停電機能が動作することを確かめておきました。
同じ電池をもう一つ買ってあるのですが、こちらは、充電制御回路とDCDCをつないで、ルーターなどをDCバックアップしてみようと思っています。が、くじけてUPS買うかも。
今日は、Sparkfun のweathermeter というのをarduinoにつないで、その他センサーもつないで、気象観測(風向、風速、雨量、日照、気温、家の温度、気圧)をしてみようとおもって作業していたのですが、完成まであと一歩というところで時間切れなので明日また作業して、ちゃんと動いたらレポートしようと思います。
通信線を屋内に簡単に引き込めると思っていたら、そうでもなかった。

玄関収納というか下駄箱

9月に引っ越しをした我が家。まだ玄関に下駄箱がなくて玄関のたたきに、靴が散乱した状態でした。
たいていのお家は作り付けの玄関収納を用意するのでしょうが。。。我が家は、玄関にリビングと連続した窓があるし、隣接したリビングとの境目も壁ではなくて、ポリカーボネートと縦格子のついたてなので、玄関収納を作りつけるような壁がないのです。というわけで、置き家具を探していいのがあればそれを使おうということにしていました。
場合によっては台所の吊戸棚と同様に手作りしてもいいなと思っていましたが、引っ越し以降も家の整備がとても忙しく、またそれがまだしばらく続きそうなので、自分で作るのは少し減らそうということで、家具屋さんを廻ったりしましたが、なかなかいいのないですね~。というわけで最終的には、下駄箱はオーダー家具のお店にお願いして作っていただきました。
我が家の下駄箱の仕様は下記のような感じで考えました。
1. 玄関の窓の下に置けるサイズにする。
窓をふさがないように(当然ですね)。我が家の場合、この条件を満たすには、高さ110cm, 幅120cm程度でそんなに大きな下駄箱にはできません。
2. 靴は24足程度は収納可能にする。
もっと靴がいっぱいあるお家もあると思いますが、我が家はこの程度。これ以上の靴が増えたら、玄関を出た向かいにある隣の倉庫に整理することにしているので、あまり問題はないかなと思います。
3. すっきりとしたデザインにする。
シューケア用品や傘などを入れておくための、引き出しとかいろいろ作りこんでもいいのですが、むしろ単純な形にして後から使い方をフレキシブルに変えられるようにしたいとおもいました。また、外観も、すっきりとした落ち着いたものにしたいと考えました。
4. 下駄箱の下のたたき(タイル)に靴を入れられるよう隙間をあける。
濡れた靴など下駄箱に入れるわけにはいきませんが、下駄箱の下のタイルのところに置いておけば、すっきりと片付きます。
8月の引き渡し後、オーダー家具屋さんと相談を始め、先週末ようやく完成納品されました。
据え付けた感じはこんな感じです。
IMGP5502.jpg
3枚扉で、左の2枚の扉の中に靴を入れます。右側は、縦に長いもの(ブーツなど)を入れます。
全体に、チェリーの突板を張っています。縦の木目がきれいに収まるような寸法にしていただいています。
ちょっとしたこだわりポイントは、下駄箱の天板の厚みを窓台の厚みと合わせ、窓台と天板の高さを調節して白い腰壁が少し見えるように調整しました。
下駄箱の下は靴が入る高さだけあけました。
IMGP5496.jpg
中はこんな感じで、何の変哲もない、棚です。それぞれの棚に2足分がちょうど収まる寸法に調整しました。6段*2*2で24足入ります。
シューケア用品などは、棚の1つを使い、カゴに整理して収納しようかなと思っています。
引き出しを作りこむのも可能な作りですが、たぶん簡単に済ますと思います。
IMGP5505.jpg
玄関ドアから見たところはこんな感じです。リビングとの仕切りのついたて(ポリカーボネートと木の柵のコンビネーション)をすっきり見せ、玄関の窓から入る日差しを邪魔せず、よく調和した感じになりました。
チェリーは、赤っぽいので、大丈夫かなと心配しましたが、スプルスの衝立の柵ともよく色がマッチしていて正解でした。
下駄箱は、こちらで作っていただきました。

ロールスクリーン、引っ越し見積もり

引き渡し日程が見えた今、引っ越しのことを考え始めています。
ちょっとのんびりしていたのですが、カーテンを用意する必要があります。
検討の結果我が家では、お風呂は、窓が透明なので、とりあえずブラインドをつけておく。その他、窓は、フロストのガラスが入っているものに関しては、何にもなし、透明の窓に関してはロールスクリーンを取り付けるという方針にしました。
ブラインドは、ネットでフッ素塗装、ツッパリ式のアルミブラインドの安いのを購入済み。(お風呂に入れないのは困るので早めに動いた!)
ロールスクリーンも最初、自分で寸法を測って、ネットで注文、自分で取り付けと考えていましたが、寸法を先日自分で測ってみたところ、なかなかミスをせず発注をするのが難しいということ、それから、現物を一度も見ず購入するのも心配ということで、今日展示場に行って、現物を見るとともに採寸依頼とどのロールスクリーンにするか決めてきました。
行ったのは、松装の横浜ショウルーム。ネットで予約していってきました。
それほど大きくないショウルームですが、まあ一通り置いてあります。
ロールスクリーンは、生地の色もありますが、操作をプルコードにするか、チェーンにするか、またチェーンなら右側か左側かなど決める必要があります。生地の隙間が空いてしまうので、操作をチェーンにする場合はその隙間もよく考える必要があります。
ショウルームで家の図面と窓の写真のプリントアウトを見ながら、インテリアコーディネーターと相談して決めました。やはり相談しながらだと、論点の整理もすぐできて楽でよいです。
 相談の結果、風呂のブラインドの他はロールスクリーン一択にしました。操作は多目的室の三連窓は3枚のプルコード式ロールスクリーンにしましたが、他は、チェーン式に統一。チェーンをつける側は、基本的には視線に入りにくい側を選びました。たとえば、階段のコーナーの窓などは、コーナーに視線が集まりそうなので、そちらにはチェーンを置かないようにしました。また、ロールスクリーンはすべて窓枠内に取り付けることにしました。
 選んだのは、タチカワなども比べてみた結果、松装オリジナルモデルの「グランドスマイル」というものです。これはニチベイのOEMということでしたが、あっさりとしたデザイン、生地も素直な感じで価格も安い。まあ良いのではないかと思っています。生地は、ウォッシャブル、防炎、抗菌、消臭と多機能(らしい)。透け具合は、プライバシーといって、光は透るけど、向こうが見えるわけではないということのようです。寝室は遮光にする、という考えもあるかとは思いますが、朝日で早起きしましょう、ということで寝室も含め同じ仕様にしました。
 生地の色は30色から選べるということでしたが、壁が白なので、なるべく明るい色ということで、白かアイボリーっぽい色にしようと思いましたが、現場で比べてから決めることにして、生地のサンプルを2種類もらってきました。帰りに家に寄って、実際に窓に当てたりして検討の結果、白にしました。
採寸と納品のスケジュールについても確認したのですが、お盆の関係でメーカーが休むため、納品結構きわどいです。しょうがないので、7日に採寸してもらって21日に納品いただけるように日程設定をしました。仮の見積もりもいただきましたが、1軒分で21万程度で済みました。ああよかった。。。
帰宅後、今度は引っ越しの見積もりを始めました。
ネットで一括見積もりをポチリすると、電話がバンバンかかってきました。一番早い会社はクリックして5秒もたたないうちにかかってきてやや恐怖を覚えました。そのあとも電話なりまくりで、また訪問見積もりもすぐにきました。今日は2社同時見積もり。計4社程度見積もりを依頼してその中から選択しようと思っています。
 まさか、そんなにすぐ見積もりに来られるとは思っていなかったので、部屋が散らかっていて、すぐ行けますがと電話で言われた時にかなり焦りました。必死で片づけて、同時に2社の見積もりの立会いをするという、激しい対応を今日はしました。けど、もういい。。。って感じでとっても疲れた。
 定番の、「今決めてもらえるんだったらお安くしますよ」攻撃もいただきましたが、何とか、「見積もりがそろってから検討するのが我が家のポリシーなので、ごめんなさい」応射でなんとか見積もりだけいただきました。
 我が家、私のがらくたが多いので見積もりが高めで、焦りました。市内の引っ越しなのに、最初17万弱の見積もりで呆然でした。まあ、割引はかなりしてもらえそうな雰囲気ですが、今住んでいるところに引っ越ししたときは、安さ爆発の業者さんに家具や食器をかなり壊されてしまい、そのあとの補償の対応もイマイチだったので、今度は、新築ということもあるので、もう少ししっかりしたところにお願いしようと、今はおもっていますが、ふたを開けたらやっぱり安さ爆発だったりして。。。
とはいえ、引き渡し前後、あわただしい毎日が続きそうです。会社の休みがとりやすいタイミングでよかった。。。

家具屋さんその2

今日は何となく連休最終日ということで、家具屋さんに家族全員で行ってみました。とはいっても、今日は、ハイグレードハイスペックな家具屋さんではありません。
計画では、島忠で子供のベッドなどを見て、ニトリの安いロールスクリーンの生地がどれくらい安っぽいのかを確かめるつもりでした。
まず、島忠。
テレビボード、キッチンボード、子供のベッド、子供の椅子、ブラインド、ロールスクリーンを見る。
テレビボードは、ほこりが入る構造でないことが条件、また、ローボードの条件でシンプルなものを探す。と、あんまりない。アルダー材の突板でDVD等の入るところがガラス扉になっている幅120cm程度のものが5万弱。まあまあ良いのでは?棚の下の脚が10cm程度開いており、「お掃除ロボットも通る」とパンフレットに書いてあるのでまさに我が家向け?(我が家は1Fは引き戸で仕切ってワンルーム構造なので1Fはルンバを使おうと思っています)。
キッチンボードはパモウナのはまあまあいいと思いますが、EB塗装の天板をどう考えるか(妻は熱いものを置いたときに大丈夫か聞いていた)。引き出しがたくさんついて10万足らずで引き戸上台とカウンターがついてくるなんて安いと思った(自分で作るんじゃとっても無理)。
子供のベッドは一番一生懸命見る。フランスベッドのばねはやはり気持ちが良い。ハード、ミディアム、ソフトと3種類の硬さがあるが、ハードがいいかな。。。どのベッド枠ともフランスベッドのマットレスは組み合わせられるとのことなので、3万円程度のシンプルデザインのフレーム(オーク突板)のにフランスベッドのマットレスを組み合わせようと思う。
子供の椅子は、バランスチェアを買ってあげようかなと思っている。(子供が使わなかったら奪おうと思っている。。。。)
ブラインドとロールスクリーンもみましたが、島忠、あまり頑張っていません。
ここで、予定変更。無印が入っている、湘南テラスモールがここからそんなに遠くないよね。ってことでそちらに次の目的地変更。
無印を一通り見ますが、規格を揃えることの力を感じました。寸法がそろっていると、どれもそれなりに見えますね。ただ、無印で扱っている家具のタモやオークの木目はちょっとやかましい感じ。
それから、少し思ったのが、置いてある家具の立てつけが悪いということ。スムーズに引き出しが開く家具もあるのですが、非常に引き出しが開けにくいものや、金具がガタついているものがありました。
いろいろ家具を見たんですが、スタッキングキャビネットを使ったテレビボードぐらいかなあ。これはそれなりに安いものですが、一応突板張りで、それほど安っぽいという感じはありませんので。ガラス戸の中にほこりが入ってきそうなのでうーむという感じですが。
あとは、無印の木製キャビネットなんかは、引き出しの金具の選択が無難なせいか、良い感じで引き出しが出し入れできてよいのですが、このあたりぐらいですかねえ。
シンプルなデザインで質の高い家具が普通の家具屋で普通に売っているといいのですが、あまりないのですよね。。。無印はコンセプトはなかなか良いと思うのですが、ちょっと家具の作りが貧弱すぎると思いました。
ここでもアルミのブラインドを見て、お風呂の目隠しにアルミのブラインドをつけることに決定(でも、それなりのお値段なので、ネットでもう少し安いのを探します。。。)。
ロールスクリーンも、無印で販売しているものの、生地の様子を頭に叩き込んで他の店のロールスクリーンを調べることにします。
。。。
今日は、子供のベッド、子供の椅子、テレビボード、お風呂のブラインドに一応方向付けができたので良しとしましょう。