引っ越し後施主工事 (5) 脱衣場に吊戸棚をつくる

引っ越しが終わって住み始めると、いろいろなものが足りないなーと思います。
整理棚がやっぱり要るんですよ。でもほとんど作り付けの収納を作らなかったので、作ったり買ったりしていかないといけない。
まあ、引っ越してから生活しながら考えるので、あまり無駄なものは作らなくて済むメリットはありますが。
脱衣場も収納がある程度必要。
脱衣場に衣服を少し入れておくチェストは無印で買っておきましたので、着替えはある程度チェストに入れてあり便利に使えています。また、脱衣カゴは、今まで使っていたカゴを床に置いてあるのでOKということがわかりました。脱衣場に洗濯機を置いてあり、脱衣場でもある程度物干しができるので、洗濯したらすぐに干して、服は乾いたらすぐにチェストやウォークインクロゼットにしまうようにしました。この流れは比較的うまくいっています。ただ、お風呂から上がって使う、タオル、バスタオルを整理して入れておく棚がないことに気が付きました。ホテルでもまとめてタオルは整理してありますが、それと同じような整理をしておくべきだと思いました。
というわけで、台所に置いたのと同じようなコンセプトのオープン棚と吊戸棚が合体したような収納を脱衣場のチェストの上のところに作ることにしました。
脱衣場は、壁が白なので、白い収納吊戸棚を作ることにします。
前に台所の吊戸棚をシナ合板で作成したときは、塗装工程にかなり時間がかかったことと、出来上がった収納がかなり重いものだったので、今回は、白いフラッシュ構造の吊戸棚を作ることにしました。つまり既製品にかなり近いコンセプトのものなので、既製品を探してみたのですが、やっぱり寸法がぴったりくるものがない。ないものはまあ、自分でということで、図面を簡単に書いて作ることにしました。
今回フラッシュ構造の板ですが、じぶんで作るのは難しそうなので、ネット通販で白いフラッシュの棚板を寸法オーダーで作ってくれるところを見つけたので、そこに棚板として吊戸棚の部品を発注しました。
オーダーしてから1週間程度で届くので便利です。
棚板の接合は木ダボでやることにしたので、棚板の木口にダボ穴を50mm間隔であけました。
また、吊戸棚を壁につけるのに桟が必要なので、これは、1×3の板を買って使います。他が白いので、100円ショップで売っている白い塗料で組み付け前に塗っておくことにします。
前に吊戸棚を作った時はダボ穴の加工精度が悪く苦労したので、前回の反省に基づき2か所改良をしました。
1. ダボ穴を垂直にあけるための治具を改良して使った。
2. ダボ穴は、前は、先に木の面にダボ穴をあけ、ダボポンチで木口の方のダボ穴位置をマーキングして木口のダボ穴あけをしましたが、木口のダボ穴をぴったりの位置にあけるのは結構難しいので、順番を逆にして、まず木口に治具を使ってダボ穴をあけ、そこにダボポンチをつけて木の板の方のマーキングを行い、そこに正確にダボ穴をあけることにしました。
今日は図面を書き、届いた棚板のダボ穴を棚板関係はすべてあけ、桟の切り出しとダボ穴加工までで力尽きました。寝て起きたら、今度は側板の方の穴加工をしてできればくみ上げまで持っていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)