中華CNC スピンドルをもとに戻す

この間500Wのスピンドルに付け替えた話をしたところですが、やっぱり、この500W中華スピンドル、いまいち感がぬぐえず、結局、元の1.5kW水冷スピンドルに戻してしまいました。水冷はやはり安心感が高く、水冷配管を新しいチューブに取り換えて、ちゃんと使ってやろうということにしました。

とはいえ、もとに戻すだけではちょっとね。ということで、1.5kWのスピンドルの電源のほうは三相ブラシレスモーター用のコントローラー(VFD)を使っていますので、これをlinuxcncから制御するようにしようと考えました。

水冷1.5kWスピンドルについてきたVFD

ということで、ググると、こんなページでやり方書いてますので、ほぼそのまま実装。

とはいえ、全く同じではいけませんでしたので、変えたところを書いておきます。

PCからのRS485通信をVFDにするのには、今使っているPCには、RS232Cポート(/dev/ttyS0)がありますので、そちらにアマゾンとかで売っている安いRS232C-RS485変換器をつけてやりました。VFDへの配線はその辺に転がっているLANケーブルのツイストペア1対を適当に配線しました。

あとは基本的にVFDの設定を行ったうえで、linuxcncの設定でOKですが、本体のキーパッドから行うVFDの設定は、上記のブログに書かれている、

  • PD001 2 (listen for run commands on the RS-485 bus)
  • PD002 2 (listen for frequency/speed commands on the RS-485 bus)
  • PD164 3 (baud rate – 38400 baud)
  • PD165 3 (communication data method to 8N1 RTU) に加えて、
  • PD163  001 (unit number) が必要でした。

あとは、当然ながら、シリアルポートのアクセスはlinuxcncを実行しているユーザーから行えるようなパーミッションが必要。

そこさえ、設定してあれば拍子抜けするぐらい簡単にlinuxcncからスピンドルのON/OFF、回転方向、回転数の変更が行えました。

右側のHunyang VFDで制御の状況をチェックできる。

今のところ、なぜかスピンドルの回転数が11520 RPM以上にならないのですが、本体の設定のせいかも。また後で考えることにしてます。

補足)やっぱり、VFDの設定のせいでした。linuxcnc のhy_vfdモジュールのマニュアルを見ると、スピンドルの最高速度の設定は、VFDのPD144の設定から持って来る、となっており、こちらの設定がデフォルトの1440だと、50Hz の時のRPMということですので、出力周波数は400Hz までしか出しませんので、最大回転数(RPM)= 400/50 * 1440=11520 ということになります。そこで、この定数(PD144)を3000 に変えましたら、400/50*3000=24000 ということで、狙い通り、最高回転数24000 RPM で動かすことができました。

カテゴリーDIY

“中華CNC スピンドルをもとに戻す” への2件の返信

  1. 初めまして、CNCのことで教えていただきたいことがありまして、1年程前に中華のCNCを購入したのですが、材料のセンター出しをしようとしてもなぜかセンターに来ない、円形のものの芯だしも中心に来ない、(作動はするのですが)メーカーに問い合わせてもまともな返事が貰えず、インターネットから探したVBスクリプトを入力しても、同じ操作をするも、毎回違う動作をするので、仕方なく基盤を交換しようと思い購入したのですが、モーションカードとVFDとの接続の仕方がどうしても分からないのです。メーカーや機種により若干接続が違うみたいで、ちなみに購入したモーションカードは中華製のWIXHCと言うメーカのMK4-Vです。
    VFDはNOWFOREUER?と言うロゴが入ってるものです。
    この接続方法もしくわセンター出しが出来ない原因が分かれば教えていただきたいのですが、

    1. おそらく、VFDの書いてある文字はNowForEver だと思いますが、ググると出てきますので、それで調べてみてはいかがでしょうか?
      ただ、基本的にはまず購入した通りのCNCの使い方ができることを目指すべきだと思います。linuxcncであれば大抵の機器は動かせると思うのですが、それでも
      メーカーおすすめの使い方をするほうが楽。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)