引き渡し(8/10)

工務店からの引き渡しが金曜午後2時から行われました。
まずお決まりの、鍵の引き渡し。我が家は、玄関と、倉庫のドア・シャッターの鍵を受け取り、その場で開錠、施錠の確認をしました。
次に、システムキッチンとユニットバスはタカラの製品を入れているので、タカラの方から現地取扱い説明をまず受けました。
キッチンのステンレスの天板の石目に汚れが残ることがあるので、それは激落ち君で掃除するといいとか、グラストップのコンロのお手入れはクレンザーをラップにのせて(スポンジでなく)こすった方が効率がいいとか、レンジフードのことなど、お手入れのコツを教わりました。お風呂の床は、磁気タイルになっていて、目地も強度があるので、デッキブラシでガンガンこすってお手入れしていいので、どんどん掃除してきれいに使ってください、という感じで、お風呂についても、お掃除関係のアドバイスをいただきました。まあ、毎日の暮らしで、きれいに維持することが重要なので、こういうアドバイスを最初にもらうのは大事だと思いました。
次に、人感センサーの玄関灯や、階段灯の調整の仕方について、電気屋さんから説明をもらいました。事務所検査の時に、玄関灯が思ったタイミングでつかないといったことがあったのですが、なぜかわかりました。と同時に、玄関灯とウッドデッキの照明が連動していて、ちょっと問題があることもその時判明。玄関灯は普通ずっとつけておくものだと思いますが、そうすると、デッキの灯りがつきっぱなしになっちゃう。
対処法を設計事務所を通じて検討することになりました。まあ、焦らず安上がりの方法を考えていきましょう。
そして、最後に現場監督さんから、確認関係の書類、器具関係の取説のファイルを受け取り、シロアリの保証が5年間であることや、瑕疵保証の10年の話などをいただきました。
最後に、これは当日の朝お願いしたことですが、あとで自分でやるちょっとした工事にウッドデッキの材が必要(テレビアンテナをウッドのバルコニーにつけるつもりで、アンテナ金具の受け材)だということで、工事で余った残りのウッドデッキの材を分けていただきました。
まだ、工務店と、設計事務所と相談が必要なことが少し残っている感じですが、これで引き渡しです。
引き渡し後、さっそく家族3人で家をためしに使ってみました(引っ越しはまだ少し先です)。
まず、倉庫にためしに車を入れて記念写真を。
IMGP4566.jpg
農家の納屋チックでいい感じ。アメリカの家のガレージってこんな風情で、一度やってみたかった。
とはいえ、この倉庫、工作をしたり、菜園のための道具を入れておいたりするために使う、それから、家族は自転車を入れたい。。。と言っているので、車をこういう風に入れて使うことは、これでおしまいでしょう。荷物入れたら車入らないと思うし。
というわけで、最初で最後の記念撮影?です。
家族みんなで室内でゆっくり過ごすのは初めてです。
さっそく妻は和室で昼寝してました(昼まで仕事が詰まっていて疲れてたみたい)。
IMGP4569.jpg
これはしつこく、ブログにも紹介している、リビングから和室と玄関方向を見ているところですが、いろいろと問題のあった3連吊り戸もちゃんとついています。軽やかな見た目にふさわしく、操作も非常に軽いです。マグネットキャッチもちゃんと効いていて、吊り戸を閉めるとがたがたせず落ち着いています。
玄関のポリカ+縦格子のついたても、周りの光の具合で表情が豊かに変化し気持ち良いです。
リビングの南側は連装の腰窓になっていて、それが衝立の向こうの玄関まで連続しています。この腰窓のおかげで玄関からリビングまで一様に明るく過ごせています。
IMGP4637.jpg
吹き抜けに面した壁もポリカの半透明の壁になっていて、こんな感じ。ちょうど午後3時~4時の西日が入ってくる時間帯でしたが、ポリカの窓を通してみるとこれも風情があっていい感じ。2階の多目的室との間の吹き抜けの手すりも圧迫感なく気持ちの良い空間になっていました。
外の玄関周りはこんな感じ。
IMGP4626.jpg
オープンな駐車スペースから簡素なコンクリ打ちっぱなしの階段を上がって、これもまたシンプルな玄関ドアから入ります。玄関の向かいは倉庫の壁ですが、少し動線の軸をずらしつつ、ポーチを共有して倉庫と母屋がつながっている構成になっています。
IMGP4629.jpg
この倉庫と玄関の間の空間は、ポーチから続く、和室前の坪庭にもなっています。
このちょっとした空間は、ちょうど建物の影にもなっているため、昼でも涼しい風が通りぬけます。倉庫を玄関前に配置したことが視覚的にも、環境的にも非常に有効に働いています。
家を味わった後は、いろいろなところで家族の記念撮影を行いました。
妻は、バルコニーが気に入ったようです。やはり、屋外で風を感じて過ごすのは気持ちよいです。
私は、倉庫にいくつか荷物を運びこみ始め、また、ネットワークストレージや無線LANルーターなども、さっそく設置して動作確認をしました。
妻と娘はリビングで寝っころがりながらYoutubeを見て、光ファイバーのネット環境を堪能していました。
一通り、楽しんだあとは、施主工事のために必要な資材を近所のホームセンターに寄って買い物した後、元の家に帰りましたが、今日は、完成お祝いということでささやかながら家族で焼肉に行き、ビール飲みまくりました。
まあ、ひと段落ついて、ほっとしたというのが実感で、これから引っ越しなどの準備も続きますが頑張ろうと思いました。

修正工事、電話工事、設計事務所検査

ひきわたしを週末に控えた8月7日、建具修正の工事が入りました。
3連吊り戸の安定度、特に閉めた時ぶらぶらしないよう、マグネットキャッチをつけること、建具の下面に掘った溝のクリアランスを減らすために、スベリテープを入れること、また、一か所真ん中の障子を固定して使うことが想定されるものがあるので、真ん中の障子を固定したままにして、ガタつきを減らすことができるよう、フランス落としをつけるという3点の改善をお願いしました。
ちょうど私は、ロールスクリーンの採寸の業者さん待ちをしていましたが、建具屋さんがいらして、3連吊り戸*3を外して引き揚げました。
吊り戸が外れていて、とても解放感のある感じになっています。吊り戸が再び取り付けられたら、こんな解放感のあるところはもう見れないので、写真をパチリ。
IMG00247.jpg
まさにワンルームの空間という感じです。
次の日の8月8日には、電話工事を行いました。その時には、すでに建具が修正後のものになっています。きれいにできていて問題なしと思いました。
電話工事は、光ファイバーの引き込みとルーターの設置、ひかり電話の開通作業を行いました。
光ファイバーは、電灯線の下の引き込み口から引き込みましたが、引き込むところに金具をうつ必要があるのですが、下地がどう入っているのかよくわかりません。下地を外すと、我が家の金属サイディングは引っ張りには弱いので問題があります。現場監督さんに電話したりして、確認をしましたが、最終的には私が撮影していた写真群から調べてたぶんこうだろうという位置に金具をうって問題なしでした。
IMG00272.jpg
結構建築中写真を撮ったつもりでしたが、必要な写真に限って撮影されていないことが多いことに気が付きました。
あとから考えると、下地の位置は後から工事をする場合重要なので、出来るだけ全部写真を撮っておくべきでした。。。
電話工事自体はスムーズでしたが、午後3時から開始して午後5時前までかかったのでかなり長い工事だったようです。業者さんお疲れ様でした!
そのあと、設計事務所の検査を行いました。建具の修正状況、それから、バルコニーの強度改善の確認、また、照明の明るさの問題等々の確認をしました。いずれも現状で問題なしとし、設計事務所としては引き渡しOK = 施主としても引き渡しOK となりました。
照明の明るさは、減額調整の時に照明の数やコンセントの数を減らして減額したのをそれほど戻さなかったことが原因です。基本的には今の明るさでも対応が取れる感じなのですが、子供室の明かりが少し暗いかなという感じです。これは、追加工事を今お願いしてもよいのですが、しばらく子供室は使わなさそうなのと、せっかく電気工事士の試験を受けているので、試験合格して免状を得て自分で照明を追加するのもいいのではないかと考えています。(試験受かっていなかったら、業者さんに依頼しますが!)
今のところ、照明は電球色ですが、これを昼光色などに変えたり、ディフューザーを外すなどしても明るくすることはできると思いますが、住みながら様子を見ることにしています。
設計事務所の検査の後、庭木の植え方、それから、屋根裏換気の効果を見るための実験をどうやってやるかなどしばらくディスカッションをした後、お開きとなりました。
引き渡し後になりますが、建物の夜景がきれいなので、夜景写真を事務所で取りたいとのことで、また後日写真を撮りに来られることになりました。
・・・・
翌日、今住んでいるところの電話が使えなくなりました。今我が家はADSLを使っていて、光回線を新居で工事したあとも、ADSLは使えるものと思っていましたが、加入電話を休止した段階でADSLも巻き添えで使えなくなるようです。
工事した当日の夜は、電話のツー音が聞こえていたので、両方で電話が使えるようになっていたということだと思いますが、翌日、電話が使えなくなるのと同時にADSLも使えなくなったようです。
夜、家に帰ってきてさあネットでもやるかと思ったらつながらなくなっていてショックでした。
これは誤算。というわけで、この書き込みはスマートフォンのテザリング機能を使ってやっています。
(フレッツ担当の人に引き続きADSLは使えると確認したつもりだったのですが、なにかコミュニケーションの問題があったのかも)
しょうがないから、頑張って情報機器(電話、ルーター、ネットワークディスク、プリンター等)の引っ越しを引き渡し日にやってしまおうと思います。今のところにおいていても、使えないので。。。

確認と打ち合わせ(8/4)

今日は夜間に照明の様子と修正工事の結果確認、それから、これから引き渡しまでの段取りを監理の方と行いました。
照明は1Fは問題なし。玄関の人感照明と、階段の人感照明がつきにくいので、電気屋さんに確認していただく方向。
2Fの多目的室と子供室の照明が少し暗めなので明るくする方法がないか検討をしていただくことに。
2Fから吹き抜けを見たところ。結構このアングルが好きです。
IMGP4538.jpg
2Fからバルコニーに出ると、茅ヶ崎の花火大会が見えました!
IMGP4531.jpg
ここから、茅ヶ崎の浜まで車で約40分の距離なんですが、花火が見える!びっくりしました。
その他の確認事項:
バルコニの補強は金具の強化は確認。現場確認の結果、火打ち材を取り付けていただきたいと考えているが8/8に設計者の確認を経て決定したい。
和室床の間の修正OK.
3連吊り戸の修正は、マグネットキャッチ、フランス落としをつけること、溝に滑りシートを張ることで対策を取ってもらう(火曜日に実施予定)。
キッチンの配線穴ふさぎは月曜日実施予定。
倉庫周りの問題修正確認、配水管の断熱材施工確認、基礎の汚れ掃除確認。
今後の段取り:
月曜、検査済み証を受け取り、請求書(明細つき)とともにFAXをもらう。火曜日の朝、それらの紙を受け取る。
水曜午前残金のためローン契約+火災・地震保険契約、午後電話工事、設計者の確認。
金曜午後引き渡し。
夜照明をつけた状況で外から見ると、ロボットって感じ!
IMGP4546.jpg
監理の方もそういっておられました。。。

夏の温熱環境測定実験

引き渡しされたら、引っ越し前に、この家の性能を測る実験をしてみようと思います。
日差しの厳しい真夏に快適に過ごすための窓の使い方
1) 窓を開けて風通しをすることでいかに快適にできるか(外気温への収束の速さ)
2) 窓を閉めた状態でどの程度室内の温度は上がるか(日射による熱取得)
3) 1F窓を閉めた状態で2Fだけ風通しした場合1Fの温度はどうなるか?(吹き抜けの効果)
4) 昼間窓を閉めた状態にしておき、日没時から窓を開けた場合、昼から風通ししている場合とどの程度快適度に差がでるか
そのそれぞれの過ごし方について、屋根裏の通気層を強制排気する換気扇を動作させることがどの程度快適度UPに貢献できるか(おそらく2, 4について違いを見る?)
上記組み合わせが少し多すぎるので整理しないとダメ。
また、各部窓の開けるタイミングを少しずつずらせて、効果をみる?
温度を測って検討してみようと思います。
測るのは、
a) 外気温(建物北側・南側に百葉箱を置く?)
b) 各室内の温度(高さ1m程度?)リビング 和室 多目的室 寝室 脱衣室 倉庫
c) 壁面・屋根の各部温度 放射温度計で1時間おきに?
d) 天井面の各部温度   放射温度計で1時間おきに? 場所による温度差がどの程度あるか?
e) 日射 どうやって測る? 光度計で評価できる?
f) 風向風速?
まだまだ考えがまとまりません。

現場打ち合わせ(7/31)

今日、役所の完了検査が行われ、こちらの方は、浄化槽の型番が申請と違っていたところの修正以外には問題なく、よかったです。
設計事務所検査後に行うことにしていた修正項目について、すでに修正されたものの確認と、難しいところについては打ち合わせが行われました。打ち合わせの方は、私も参加。いくつか対応することもあるので、備忘録としてこれを書いています
三連吊り戸について
 障子下面の溝にアルミコの字アングルを差し込んで、金物とレールの間の隙間を1mm程度に追い込んでガタを減らす。
 階段室とキッチンの間の3連吊り戸は、手動でよいので真ん中の障子を真ん中でFIXできるように検討してもらう(通例真ん中で固定して使うとおもわれるので)
 障子を閉めた時に固定して、吊り戸がばたつかないようにしたい。マグネットのキャッチを取り付けるか、▽状のピンを柱に、キャッチを障子に取り付けて固定されるようにするような案を今週中に検討していただいて、それをもとに来週頭工事する。
 障子下面と床の間のギャップが大きく見える問題は、ちゃんと障子が固定されたら目立たなくなるかも。金具の関係でこれ以上下げることが難しい。上記の対策を取ったうえで様子を見る。
バルコニーについて
金物の厚みを増して強度の改善を行う。
和室のエアコンと床の間について
  高さ160cmのところに 奥行40cm 厚み36mm スプルスまたはシナべニアの棚をエアコンと床の間の間に取り付けて、視覚上エアコンと床の間を仕切ることにする。
キッチン
 システムキッチンの納品されていたものと設計図書の図面が違っていた件について、キッチンメーカーがちょうどマイナーチェンジを行うタイミングだったため、メーカー側でミスがあったためとの説明。妻立会いのもとで相談をし、現状でよしとする。
 吊戸棚内のコンセント、確認。OK.
 パイプ棚は写真撮影をした後に、取り付けるとのこと。原設計通り、棚パイプ下面まで吊戸棚下250mmでつけてもらう。
工事費用精算
 増減項目の表をもらう。少しぬけがあると思われたので、確認してからという話をした。今日検討する。
銀行関係
 火災保険をどれを選ぶかを今日検討する。担当者から電話をもらってあらかじめ用意してもらう。
引き渡し日
 工事代金の精算額などが確定した状態で、金消契約をしてローンを実行したい。一応今の目標の引き渡し日を目指して作業をするが、このような考えを工務店の方と共有した。
その他
 今日はとても日差しが強かったので、どのくらい暑いのかと思って新居に打ち合わせに行きましたが、風が通っていて結構この暑さの中でもエアコンなしでも涼しかった。一応いろいろなところの温度を計ろうと思って放射温度計を持って行ったが、今日は打ち合わせが忙しくて十分に測定できなくて残念。
 昼4時ころの2Fの天井の温度が35℃程度だった。今の家の日没後7時過ぎの温度が35℃程度あるので、それなりなのでは?
 6時前、(日没ちょっと前)、黒のガルバリウムサイディングの西日にあたっている所の温度を測ったら40℃前後だったが、隣の家の窯業系のサイディングは同じような日の当たり方で45℃程度あったので、実は金属サイディング優秀かも。おそらく、金属板が薄いので、日射が弱まると放射が効いてすぐ冷えるのではないか?これらの条件や、換気ダクトの効果がどのように室内の温度環境に現れるかは、プログラムを組んで実験して調べようと思う。